幼保一元化・幼保園・認定こども園について

幼保一元化・幼保園・認定こども園について

幼保一元化・幼保園・認定こども園について

最近「幼保園」や「認定こども園」といった施設がニュースでも取り上げられ、話題になっています。特に「認定こども園」は平成18年10月1日より「認定子供園制度」が施行され、今後多くの施設が出てくると予想されます。
その前に、幼保園・認定こども園など幼保一元化についてしっかりチェックしておきましょう。

幼保一元化とは?

保育園と幼稚園は、その目的、対象年齢や、施設にいる時間、日数など、それぞれの所管、法令において、明確に区別がされてきました(幼稚園と保育園の違い)。

しかし最近、幼稚園でも延長保育を行うところが増えてきていたり、「英会話」等の教育を売りにする保育園があったりと、徐々にその境界は無くなって来ています。そうした動きの中で、実際に「幼保園」「認定こども園」等の名称で、幼稚園と保育園の両方の基準を満たした、幼保一元化施設も出て来ています。

またこの幼保一元化の施設と一定の時間に隣接する幼稚園と保育園の子どもが行き来する“連携型”や、2つの看板を掛けた施設内で見えない境界線を職員や子どもが日常的に行き来する“同居型”などがあります。

なぜ幼保一元化ができたか?

地域によって事情が異なりますが、大きな理由は「少子化」と「働くお母さんの増加」にあると言われています。

都市部では、働くお母さんが増加し、基本的に延長保育の出来ない幼稚園ではなく、保育園に子供を預ける傾向にあるため、幼稚園が定員割れしているにも関わらず、保育園の方は定員オーバーで入所出来ない。と言った場合もあるようです。

一方、過疎地域では、未就学児の数が少ないため、複数の施設があっても運営が困難である。という事情があります。そのため、元々あった幼稚園と保育園が合併する等、施設の統合が進んでいるようです。

背景には、少子化で園児減少傾向に歯止めの掛からない幼稚園と、女性の社会進出などで入所待ちする待機児童が減らない保育園が抱える問題などがあるためです。

幼保一元化のメリットと問題点

メリット
やはり、両方の施設の制度が受けられるということでしょうか。
例えば、幼稚園では、時間外(延長)保育が受けられる。また、満3歳未満の乳幼児も預ける事が出来る。逆に保育園の制度で見ると、従来入所条件として「両親とも働いている」等の条件が緩和され、入所しやすくなる等、今までの、双方の施設での問題が、解消される施設になるようです。

問題点
逆に、問題点としては何があるでしょう?
行政からの補助制度や、職員の資格や、乳幼児一人あたりに対する職員の人数をどうするか、昼食の方法(給食orお弁当)等があるかと思います。これらについては運営を始めてから短い施設が多いので、様々な点において試行錯誤が繰り返される事もでてくる可能性があります。
また既に運営を始めている施設では、0歳〜3歳までを保育園、4.5歳児を幼稚園として、受け付けているところが多い様です。
これから出来てくる制度が、「子供を第一に考えた」制度で保護者にもわかりやすくなる事が強く望まれます。


幼保一元化・幼保園・認定こども園について
園児のお弁当
保育施設選びのチェックポイント
幼稚園と保育園の違い
育児支援制度
保育園の用語集
子育て関連サイトリンク集
乳幼児(乳児・幼児)期の病気
BFORTHホスティングサービス

就職情報サイトのe職JOB

OAリサイクルショップ マウス

幼稚園、保育園で使う生地、綿、キルティングを販売する東京都足立区の有限会社ヒロヤ